桜美林大学日本語学習プログラム

文字サイズの調整


トップ > 日本語プログラム > プログラムの特長

プログラムの特長

桜美林大学日本語プログラムは、以下のような特長をもっています。

多様な背景とニーズに応えるカリキュラム

桜美林大学には、世界中のいろいろなところから異なる背景の学生が来ています。これまでに勉強してきたことも、これから勉強したいことも、人によって違います。そのような多様な背景とニーズに応えるため、個別学習のシステムを導入し、多様な選択科目を設けています。言語形式に焦点をあてた科目だけではなく、日本語を使って日本の社会や文化に対する理解を深めて考察できる力を養うことを目指した科目も開講されています。

「日本で日本語を学ぶ」ということ

学生は日本語に囲まれた中で、生活や勉強をするチャンスがあり、日本語を使いながら友達を増やすことができます。教室の内だけでなく、教室の外で日本語を使いながら勉強することによって、同時に日本語のコミュニティの一員になることができます。桜美林大学の日本語プログラムは、学生が第二言語環境(日本語と接触し、使用する機会が教室外にも豊富に存在する環境)の中にあることを十分に意識した上で設計されています。

自律的に学習できることを目指したプログラム

学生が自律的に学習を管理できるよう学習の意識化を促し、各自の目標に合わせた努力ができるようになることを目指しています。その実現のために、自律学習を基盤とした科目「チュートリアル」を開講したり、日本語学習リソースセンターを通した教室外サポートを提供したりしています。

人と人との交流を重視した学習環境づくり

普通、日本語学習は、教科書や辞書などを使って行うものだと考えられていますが、日本語プログラムでは、学習をもっと広く捉え、世の中のさまざまなものから日本語を学べると考えています。特に大切にしているのは、人と人との交流です。桜美林大学の学生がクラスゲストとして参加する授業を多く設け、また、学生ボランティアによるチューター活動や国際交流グループによる交流イベントも支援しています。